ハンディ サポート ジャッキ「雷靭具」®[KRS]
 
特許出願中   作業性をとことん追求したサポート治具が新登場!


KRS-045






上昇時

【用途】

加工、測定等におけるワーク中空部の支えに好適です。

      
 【特長】
  ・可動ボルトの回転に合わせて支えボルトが上下
   するため、伸縮上下動がスピーディーかつ片手で
   操作できます。

       
  
  ・支えボルトが回転しないため、ワーク接触時の傷
   付きが防げます。
  ・ツマミを締めるだけで、可動/支えボルトが同時に
   ロックできるため、作業効率がアップします。
   ※振動等によりツマミが緩む場合は、付属のグラブスク
     リュー(下記画像)をご使用下さい。
   
【使用例】
研削加工時の中空部サポート オーバーハング部のワークサポート
 
  ・上下各2種類のアタッチメント(オプション)を使用することで、さらに用途が拡がります。
【オプションアタッチメント】
上部ワークサポータ―(2種類) 底部取付用マグネット(2種類)
V溝タイプ(KRS-HVM) 球面タイプ(KRS-HQM) マグネット2極タイプ(KRS-M2) マグネット4極タイプ(KRS-M4)
       

V溝アタッチメントを使用しての丸棒
測定
  
底部取付用マグネットには、 内部に侵入した加工液が排 出できるよう本体との合わせ面に排水用溝加工が施され ています。

マグネット4極タイプを併用することで
横型マシニングでの使用も可能。