オートバルブ式真空チャックの使用方法
本製品は湿式加工、乾式加工のどちらにもご使用頂けます。湿式加工の場合は加工液を用いることでオープンポート(ワークで塞がれていない吸引口)のマスキングが不要となりますが、乾式加工の場合は一定程度の範囲をマスキングして、オープンポート数を制限する必要があります。

1/21

10秒経過すると自動的に次のスライドへ移ります。

 ×画面を閉じる