真空装置内蔵型真空チャック [KVR-GVWシリーズ]  
      真空装置内蔵型真空チャックが湿式加工にも対応、
      より広範な非磁性ワークの加工を実現しました!!
KVR-GV2050
            KVR-GVW2050

【用途】
  アルミ合金、銅合金、ステンレス、プラスチックなどの非磁性ワークを真空吸着して、
 研削作業するのに適します。

【特長】

  • 従来品に対し、湿式加工にも使用できるようになりました。
  • 吸引口からエアーを逆噴射させて内部清掃が可能なため、メンテナンスが容易です。
  • 工場内コンプレッサにワンタッチ継手管チューブを接続するだけで使用可能。
  • 真空源装置不要のため応答性に優れ、瞬時の吸着・釈放を実現。
  • チャック手前の配管カバーを外せば、内部部品が容易に交換可能。
  • 本体は軟鋼材とアルミ合金の2種類をラインアップ。
   
      


配管カバーを前面から取り外しが可能なため、
内部部品の交換などメンテナンスが容易です。



                     【仕様】

(mm)
形式 チャック作業面寸法 グリッド溝
有効エリア
格子間隔 本体材質 質量
KVR-GVW1530 150×300×65 120×280 20×20 軟鋼材 17kg
KVR-GVW2050 200×500×65 180×480 43kg
KVR-GVW3060 300×600×65 275×575 25×25 82kg
KVR-GVAW1530 150×300×65 120×280 20×20 アルミ合金 6kg
KVR-GVAW2050 200×500×65 180×480 15kg
KVR-GVAW3060 300×600×65 275×575 25×25 29kg
※シールゴムφ4 10m,エアーチューブ5m付属