Q&A集

マグネットホルダ


question

マグネットホルダの使用温度上限


answer

永磁ホルダ

・アルニコ磁石応用タイプ

温度的には最も優れており、20℃を100とした場合、350℃でも80%以上の吸着力を維持します。短時間のスポット的な使用ならば400℃まで可能です。

・希土類サマリウム・コバルト磁石応用タイプ

吸着力は20℃を100とした場合、100℃で95%程、200℃では85%前後に低下します。連続使用の場合は150℃を上限で、短時間のスポット的な使用ならば200℃まで可能です。

・フェライト磁石応用タイプ

吸着力は、20℃を100とした場合、50℃で85%程、100℃で70%になります。連続使用の場合は100℃を上限として下さい。150℃を超えるとマグネット材に割れを生ずる場合があります。なお、0℃以下の低温では回復できない減磁が発生します。

 

電磁ホルダ・永電磁ホルダ

周囲温度40℃、吸着物温度50℃まで使用可能です。
さらに高温で使用される場合は特注品対応となります。お近くの弊社営業所へご相談ください。

・電磁ホルダの連続使用時間

電磁ホルダの使用時間は”連続”になっていますので、常温環境下では連続通電が可能です。但し、その結果電磁ホルダは高温になり、その影響で吸着力が10〜20%程低下してしまう場合があります。無用な通電は避けた方がよいでしょう。