大形永磁リフマ® [LPH] カタログ  Q&A集

操作性と安全性が向上した大形永磁リフマ!





LPH-1000(左)            LPH-1500(右)

LPH 鋼板吊りの様子


  長年の経験と豊富な販売実績、独自の磁気解析技術で最適な磁気
  回路を徹底追求し、軽快な操作性と安全性の向上を実現した永磁リ
  フマです。
  • シリーズ1000kg、1500kg、2000kg(鋼板吊り能力)の3機種をラインアップ。全機種とも鋼板、丸鋼、パイプ吊りに対応しています。
  • 大型機種でのON/OFFハンドル操作力を最大で従来品比約1/2に軽減。これまで操作し難かった薄物やパイプ吊りでの操作性を大幅に改善しました。        (特許出願中)
  • 前モデルで実績のあるハンドルロック機構に加え、新たに安全ストッパーを標準装備。予期せぬハンドル戻りによる吊上物落下を防止するため二重の安全対策を施しています。(意匠登録済)

上記YouTubeの動画画面のどこかをクリックすると再生が始まります。再生中に再度
クリックすると一時停止します。またダブルクリックでフルスクリーンモードになります。



 ●国内でのアフターサービス可能な唯一のメーカー!
   リフマをより安全・安心にお使い頂くために定期点検も承っています。
   また、ご購入頂いた弊社製品の修理も承ります。
   詳しくは弊社各営業所までお問い合わせ下さい。


LPH 製品説明


【仕様】



形  式
Model
吊上能力(kg) Liffting Capacity 寸法(mm)  Dimensions 質量(kg)
Mass
鋼板ワーク
Steel Plate
丸鋼ワーク
Round dteel
W L H G D E F θ
LPH-1000 1000 600 180 320 284 505 65 110 30 175 80
LPH-1500 1500 800 400 304 585 75 130 30 105
LPH-2000 2000 900 205 500 319 685 80 150 35 140
※吊上能力は、最大吸着力の1/3(安全係数3)で表示しています。

 (mm)
  鋼板吊上げ基準(平鋼板) 丸鋼吊上げ基準(丸鋼)
形式 t6 t12 t25 t50 t100   最小径 最大径 パイプ材
許容径
LPH-1000 □1450
1500×1400
□1600
1500×1650
□1550
1500×1600
□1300
1500×1200
□1000
1500×650
φ100×3000 φ500×300 φ100〜700
LPH-1500 □1650
1500×1800
□1700
1500×1900
□1550
1500×1600
□1100
1500×800
φ100×3000 φ500×400 φ100〜700
LPH-2000 □1800
   
□1750
1800×1700
□1300
1800×950
φ150×3000 φ500×450 φ150〜700
※薄板の場合ハンドル操作がしづらくなります。
  また、OFF操作時のハンドル戻りが急速になります。
  ギャップがある状態でもハンドル操作は重くなります。
※長いワークは、先端モーメント(主に慣性力)が大きい為、地切りや搬送中においてたわみ
 振動(あおり)と揺れが発生し易くなりますので充分注意してください。
※この基準表は、実作業の目安として作成したもので、絶対的に安全を保証するものではあ
 りません。
※表記条件の他の要因により能力が発揮されない場合がありますので、安全率が充分ある
 ことを確認してから作業してください。
※薄板の場合、ハンドルが操作しづらくなります。また、OFF操作時のハンドル戻りが急速に
 なります。
※パイプ材の厚みにより能力が変化します。
※楕円や 曲がりパイプは短くても危険です。
※パイプ材の場合ハンドル操作が鋼板よりも重くなります。
※ワークが3m以上の場合、バランスが悪くなり1台で吊作業
 は大変危険です。
※吊上げ基準表の最大径の長さより短いワークは吊れません。
※薄肉パイプの場合、ハンドルが操作しづらくなります。


小形永磁リフマ®[LPR-VN形]はこちら

防滴型小形永磁リフマ®[LPR-VN-WP形]はこちら

形鋼吊り用永磁リフマ®[LPR-VN+L形]はこちら

防滴型大形永磁リフマ®[LPH-WP形]はこちら