New 小形永磁リフマ® [LPR-VN] カタログ  Q&A集

操作性&メンテナンス性がアップした新型永磁リフマが登場!





左からLPR-VN75 LPR-VN150 LPR-VN300 LPR-VN600





 ・業界最狭のハンドル操作角60度(特許取得済)を採用。
  H鋼などの形鋼吊りや狭所に置かれたワーク吊り時に威力を発揮します。
    
 ・ニーズの多い150kg、300kg、600kg吊りに加え、新たに75kgをシリーズにライン
  アップ。幅広いニーズに対応できます。
 ・シリーズ全機種とも鋼板、丸鋼、パイプ吊りに対応しています。    
   
・実績のあるハンドルロック機構に加え、安全ストッ パーを標準装備。予期せぬハンドル戻りによる吊上物落下を防止するため二重の安全対策を施しています。
LPR-VN75,150のハンドル操作をする際は、安全ストッパーが吊り具に干渉しないよう注意して下さい。
 
・本体上部の形状を平坦とすることで、吸着面のキズ付きや不整面修正のためのセルフカットが容易となりメンテナンス性も向上しました。

 
●国内でのアフターサービス可能な唯一のメーカー!
   リフマをより安全・安心にお使い頂くために定期点検も承っています。
   また、ご購入頂いた弊社製品の修理も承ります。
   詳しくは弊社各営業所までお問い合わせ下さい。


   
上記YouTubeの動画画面のどこかをクリックすると再生が始まり
ます。再生中に再度クリックすると一時停止します。またダブルク
リックでフルスクリーンモードになります。

【仕様】
形  式
Model
吊上能力(kg)  寸法(mm) 質量(kg)
Mass
鋼板 丸鋼 W L G h H D E F I
LPR-VN75 75 50 90 80 160 15 135 40 61 15 45 5.5
LPR-VN150 150 100 130 260 8
LPR-VN300 300 200 230 360 20 68 18 14
LPR-VN600 600 400 119 330 500 25 184 60 100 25 65 35
※吊上能力は、最大吸着力の1/3(安全係数3)で表示しています。

 (o)
  鋼板吊上げ基準(平鋼板) 丸鋼吊上げ基準(丸鋼)
形式 t6 t12 t25 t50 t100   最小径 最大径 パイプ材
許容径
LPR-VN75 □630
300×1300
□600
300×1200
□450
300×650
□350
300×400
□240
300×180
φ50×750 φ200×150 φ50〜200
LPR-VN150 □900
600×1300
□850
600×1200
□650
600×700
□500
600×400
□350
600×200
φ50×1500 φ200×300 φ50〜200
LPR-VN300 □1200
900×1550
□1250
900×1700
□950
900×1000
□700
900×550
□550
900×320
φ50×3000 φ300×350 φ50〜300
LPR-VN600 □1300
1200×1400
□1450
1200×1700
□1250
1200×1300
□1000
1200×800
□750
1200×450
φ100×3000 φ400×400 φ100〜500
※薄板の場合、ハンドル操作が重くなります。 ギャップがある状態でもハンドル操作は
  重くなります。また、OFF操作時のハンドル戻りが急速になります。
※パイプ材や吸着面より短くなる最大ワーク径では能力が低下します
  ので、 十分注意して下さい。
  長尺ワークの場合は天秤複数吊りをご検討下さい。
 注)この基準表は、実作業の目安とするもので絶対的に安全を保証するものではありません。表記条件の他の要因により能力が
    発揮 されない場合がありますので、十分確認してから作業して下さい。


大形永磁リフマ®[LPH形]はこちら

防滴型小形永磁リフマ®[LPR-VN-WP形]はこちら


形鋼吊り用永磁リフマ®[LPR-VN+L形]はこちら

防滴型大形永磁リフマ®[LPH-WP形]はこちら